FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[推理] 兄妹 木々津克久(著) ①

IMG_5082.jpg

今日から華の女子高生の赤木 蛍(あかぎ けい)。
弟や妹たちの世話をしながら食事洗濯、もろもろの雑務をこなし
まじめにコツコツと勉強をして推薦合格したミッション系の名門校。

父は涙を流し、誇らしい娘の門出を祝う。
だが、この場にもうひとり、祝って欲しい人が足りない。
「圭一がいればどんなに喜ぶことか…」
嗚咽交じりに父は、この場に蛍の兄・圭一(けいいち)がいないことを悔やんだ。

赤木家の長男で文武両道、性格は誠実で大学卒業後に警察官になった圭一。
勤務中も勉強を欠かさず、昇進も近いと有望視されていたのだが
ある日忽然といなくなってしまった。
交番勤務を終え寮へ戻ると、そのまま消えてしまったのだ。

警察官の失踪は世間の注目を浴び、テレビでも取り沙汰された。
警察の捜査は100人体制であてられたものの、成果はみられず
圭一の部屋から見つかった遺言が際目となり、捜査は打ち切られてしまった。

しかし蛍は知っている。
「なぜなら今 兄キは私の側にいるから」

IMG_5130.jpg

圭一が蛍の前に現れたのは2か月前。
6歳になる妹・節がトイレで用を足し、蛍に手伝いを求めてきたときに現れた。
女子トイレに突如現れた警官姿のガイコツ。

恐怖から慌てて節を連れてトイレから飛び出した蛍は
トイレに盗撮カメラが設置されてることに気が付いた。

再びガイコツが現れたのは洗濯を終え、屋上に佇んでいるとき。
その刹那、大きな地震が起こり
同時に圭一の声が聞こえてきた。
「大丈夫…、大丈夫だ…蛍」

ガイコツは身を挺して蛍を守ろうとしてくれていた。
圭一と同じ声、蛍を守ろうとしてくれる家族思い。
蛍はガイコツが兄・圭一だと気が付いた。

幽霊の圭一は物に触れることができない。
それでも声で蛍に危険を報せ、さらに実体のない幽霊を倒すことはできる。
昔から圭一を慕ってきた蛍だし、幽霊になっても助かることは多い。

だが、まさか圭一と一緒に学校にいくことになるとは思いもしなかった。
聖マルス学園。蛍がこれから3年間通うことになる学校。
そこで圭一は血塗れの女子生徒を見つけた。
即ち、これから血塗れになる女子生徒。近々死ぬ人間だ。

IMG_5131.jpg

それを教えれられても、蛍はいまいちノリ気にはなれない。
家族のことで自分の時間を犠牲にしてきた蛍は
女子高生になったら合コンやパーティーに参加して
自分の人生を謳歌するき満々なのだ。

しかし圭一は幽霊になったのは人助けをするためだと
ゆるぎない信念を持っている。

結局、兄を慕う蛍が折れ、また新しい環境で人との接点を得る為に
血塗れに見えた女子生徒・志田 りか(しだ りか)の調査を始めた。

身辺調査の末に分かったことは志田の兄が重度のオタクで
家庭内でストーカーじみたことをされているという証言。
妹を×××するゲームをやりこんでいるらしい。
もし、兄が妹を殺そうとしてるなら救いようがない。

IMG_5135.jpg

しかし更なる調査を続けていき、新たな事実を掴んでいくのであった――。


前作『名探偵マーニー』のミステリー感を残しつつ
幽霊退治というオカルト要素を見事に融合させた作品。

探偵らしい身辺調査や、幽霊の特性を活かし、少しずつ真相に近づいていく。
事件の影に潜む幽霊の存在は、あくまで加害者の感情に作用させるもので
事件の内容に絡んでいないことがミステリー性を失わせていない。

また圭一が何故殺されたのか。
大筋がしっかりしていることが物語性を際立たせている。

事件を解決するたびに友人が増えていく要素も前作から引き継ぎ
これからどのように事件を解決していくのか楽しみです。

背後で何かが渦巻きそうな様相も呈しており
続きが楽しみです。


ともに学校に通う幽霊と女子高生。
兄妹とはいえ、なんとも奇妙で不思議な関係です。

学校で幽霊を見たことはありませんが
放課後おそくまで残っていて、周りに人が誰もいなくなり
不気味さを感じたことはしばしば。
そこでたまたま、友人を見つけたときは心が救われました。
ちゃんと足のある友人です。

誰もいない学校で過ごした少年たち。
学校から外の世界へと出ていく。
次回はそういう作品をご紹介。


検索用ワード:推理 ミステリー オカルト 学園 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 推理 ミステリー オカルト 学園

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レスト

Author:レスト
マンガオタクによるマンガ紹介ブログ

持っているマンガを少しずつ紹介していきます。

当ブログはリンクフリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内を検索
Amazonで検索
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乳首コレクション
当ブログで紹介した画像から乳首描写のあるものをピックアップ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。