FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[職業] 服なんてどうでもいいと思ってた。 青木U平(著) ①

IMG_4590.jpg

花月 カヲル(かげつ かをる)は盆栽雑誌の編集者だった。
それが人事部の手違いか、嫌がらせか
一昨日から20代前半女性向けの、いわゆるユルフワ系女子のバイブル
赤文字系雑誌「ルイルイ」の編集者にされてしまった。

IMG_4593.jpg

動揺に運命の悪戯に翻弄される3人の男性編集者たち。
ボクシング雑誌から異動してきた天神 博多(あまがみ ひろた)。
映画雑誌から異動してきた大勝 ケン(たいしょう けん)。
そして、彼らたちC班のデスクを任されることになった
ハードコアエロ雑誌から異動してきた斑鳩 九一郎(いかるが きゅういちろう)。

女性ファッションのファの字も知らない彼らに
早々に与えられた課題は夏きゅんスペシャルコーデを考えること。
花柄のパンツに何をあわせればいいかと、いきなりの難題。

まず名乗りをあげたのは天神。
正真正銘の勝負服だとガウンをすらすらと描き上げた。

IMG_4597.jpg

ファッションに詳しい人がいることに安堵する花月ではあったが
女性編集がその仕上がりを見るや否や
「正気…ですか……?」と静かに、分かりやすく拒絶反応を示した。

慌ててこのコーデがボツであることにする面々。
しかし、自信満々の天神は納得がいっていない。
「バカな、だってこれイオカの世界戦のときのガウンだぞッッ!!!」
ボクシング雑誌編集者なりの意味の違う勝負服。

花月は天神に対する評価を天と地ほどに改め
女の気持ちになって服を選ぶべき、女子向けの雑誌で良く目にする
カワイイに焦点をあてて考えてみるべきだと方向性を示した。

そこに口を挟む天神。
女子の言うカワイイは当てにならないのが定説。
合コンで絶対可愛いからと連れてきた女の子が可愛かった試しがない
という定説を振りかざす。

花月も負けじと、女の子のカワイイは外見的なことではなく
内面的なことを言っているのではないかと
定説を肯定した上で、逆説的に真理に気付く。

「だからこんなふうに内面を表現したコーデを――」
花月が花柄パンツに合う服を描き出す。
女の子が可愛いと思うであろう単語を
そのまま文字でたくさん書いただけの服。
まるで耳なし芳一のような斬新な服ができあがった。

だれもがボツであると気づく服。
花月と天神、大勝は自分たちのオシャレレベルの低さに愕然とし
諦めの言葉を漏らしていく。

そこに沈黙を続けてきた1人の男が立ち上がった。
社内恋愛プロフェッショナルとして名高い斑鳩が女性のなんたるかを語る。
女性は男性に比べて脳梁が太い。
そのため時代を読み取る感覚、直感力を生まれながらにして持っている。
加えて影響が大きいのがオシャレ・インフレ。
オシャレにオシャレを重ねてどんどんレベルが向上していくのだ。
医学的・社会的地位から女性を観察している斑鳩に、救いの手を求めていく。

斑鳩に花柄パンツに最適なコーデを訊き出すと
スラスラと紙にイラストを描き上げた。
そこには薄手のシャツに亀甲縛り、ボールギャグまで咥えさせた
ハードコアエロスを感じさせる、ある意味女性に着てほしい服があった。

C班の全員がファッション知識が壊滅的であると再認識した彼らたち。

それでも3人は諦めなかった。
3人なのは斑鳩が定時きっかりに退社したからだ。

どれほどの時間が経っただろうか。
3人は己の持てる力を振り絞り、死力をつくして
『夏きゅんスペシャルコーデ』について論じ続けたのだった。

そして明け方になり、ついに完成した。
エコ、ロハス、森ガール。
この3つを柱とした究極のコーデが――。

IMG_4603.jpg


ファッションに無頓着というか絶望的な男たちが
オシャレの最先端をいく女性たちに囲まれながら
右往左往している様子が面白い。
そして、痛い程に気持ちが分かります。

変化し続ける流行やオシャレワード。
ネット上で話題になるころには、もはや時代遅れになっているとのこと。
オシャレ道の険しさを感じさせられました。

女性の心理をつく参謀・斑鳩の助言で窮地を乗り越えていくものの
彼らには、些細な一言ですら墓穴を掘る結果を招きかねない。
張りつめた緊張感がひしひしと伝わってくる。

これから彼らC班がファッションを学び、理解していく光景は想像できない。
それ故に、先の読めない作品です。

アンチエイジングの賜物である43歳の女性編集長には驚かされました。
美魔人。ありですね。


ファッションというと、まずファッションオタクという言葉が浮かぶ程に
服というものに興味が薄い。
この漫画をきっかけに服に興味を持ったとしても
出てくる服は女性モノばかりであり
私が着るとなるとハードルが高い。

ファッションオタク。
オタクであることを公言したり誇ったりする人たちのことだが
わざわざ公言することが信じられない。
私はオタクであることを隠している側の人間だ。


今ではオタク=アニメというイメージで語られるが
私はアニメはほとんど見ない。
アニメを見ていないから、オタクではないと言われることもある。
まぁ、それならそれで私は構わないのですがね。

アニメが好きで見ている人は多々いるが
アニメに関する知識の少ない人ばかり。
傍から見ていると、ただお金をかけずに暇つぶしで見ているだけなのではと思ってしまう。
アニメが好きなら、アニメに関わる人にも興味を持ってほしいものです。

実際にアニメを自分たちで作り
どれだけの手間と技術が駆使されているのか身を持って知る。
次回はそういう作品をご紹介。


検索用ワード:職業 ファッション コメディ ロリ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 職業 ファッション コメディ ロリ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レスト

Author:レスト
マンガオタクによるマンガ紹介ブログ

持っているマンガを少しずつ紹介していきます。

当ブログはリンクフリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内を検索
Amazonで検索
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乳首コレクション
当ブログで紹介した画像から乳首描写のあるものをピックアップ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。