スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ギャグ・コメディ] 詩音 OF THE DEAD ムロヨシ・タカシ(著) ①

IMG_4394.jpg

朝の閑静な住宅街。
高校一番の美人と噂され、学年トップの成績を収める東海林 詩音(しょうじ しおん)は
学校への道のりを優雅に歩いていた。
背後から迫る自動車を知る由もない。

「あ、危なっ…」
通行人が危険をしらせるも
無残にも詩音に車を回避させるだけの時間的猶予はなかった。
詩音は背後から車に激突され、血しぶきが飛んだ。
腹部からは臓物が飛び出す。
「早く救急車を!!」
通行人が駆け寄り、救急要請を急ぐ。
誰がどう見ても助かるような状況ではない。

しかし、その凄惨な状況で
立ち上がることのできない筈であろう、渦中の人物が立ち上がった。
そう、麗しの女子高生・詩音が立ち上がったのだ。
「あっ、ダイジョーブですよ。私ゾンビなんで」
腹部から腸をぶちまけ、それでも笑顔で皆を安心させようとする詩音。
通行人からは驚きと悲鳴が上がった。

IMG_4469.jpg

ちょっとした(?)事故がありながらも
普段通りの学校生活を始めた詩音。
詩音の姿に雷見 つばさ(らいみ つばさ)は隣の席から見惚れていた。

美人で勉強もできるカンペキな詩音。
ただし絶賛 腸放出中。
雷見は腸を腹の中に仕舞ってもらおうと詩音に声をかけた。
「…東海林さん出てる、また出てるって」
雷見の助言のお陰で、パンツの中にスカートが挟まり
可愛い縞パンが出てることに気が付いた。
いそいそとパンツからスカートを引きづり出した。
「ボク的にはもっと内臓的なモノをインして欲しいかな…」

腸を腹の中に仕舞い、得意の裁縫で腹部を縫う。
まるで日常の1コマとして雷見は裁縫技術に感心するのだが
遠くから見ている同級生は、詩音を見ながらヒソヒソと噂話をしている。
悪口を言っているのは明らかだ。
超ウザイ、チョーウザイ、腸ウザイ。

本当は皆と打ち解けたいのに、ゾンビである事実が交流の邪魔をする。
哀しみに明け暮れていた日々。
でも、今日は少しだけ違っていた。
ゾンビの詩音にも優しく話しかけてくれる人がいることをしった。
雷見つばさを知った。

「話すとかフツーだし…。べ…別にオレだってトモダチ…くらい」
満面の笑みで喜びを表した詩音。
「アリガト、ヨロシクお願いします」

授業中、詩音から小さな手紙が手渡された。
詩音の照れた横顔。
授業中に手紙を送ることに憧れをもっていたのだと
雷見は微笑ましくなりながら手紙を開いた。

手紙には簡単な自己紹介。
そして、改めてこれから宜しくお願いと挨拶が添えられていた。
さらにP.S.で警告がされていた。
『DNA的に首めがけてかみつくから、がんばってよけてね
かまれたらゾンビになっちゃうぞお!!ゾンビンゴwww』

IMG_4470.jpg

かくして雷見の非日常的な友達ライフが始まったのだった――。


雷見と同じクラスで中学でもあった小野葉 香織(おのは かおり)が教科書を借りにきた。
隣同士で仲が良い詩音と雷見が2人で1冊の教科書を見れば大丈夫とのこと。
いつも1人で何を考えてるか分からない。
小野葉には友達がいなかった。
そこにシンパシーを感じた詩音は友達になろうとアタック。
何故か気が合った2人は友達になったのだった。

IMG_4475.jpg

少しずつではあるが、雷見が詩音と自然に会話をするようになり
徐々にクラスに打ち解けていく詩音が微笑ましい。

笑顔や照れた顔が可愛いながらも
ときおり首や腕がもげたり、犬やカラスに襲われたりといったアンバランス。
しかも、どんなに凄惨な光景を繰り広げようと笑顔でありつづける詩音の表情が
より異常性を増すスパイスになっている。
日常に溶け込む非日常が楽しいですね。
実際にゾンビがこの世界にいたら、こういう感じになるかもしれません。

ゾンビを自虐ネタにして笑いを取りにいく姿と
そこに的確なツッコミを入れる雷見のやり取りもおもしろい。
友達とやってみたかったことを少しずつ叶えていき、毎日を楽しく過ごす詩音。
詩音と雷見がどこまで深い仲になるのかも楽しみです。

小野葉はゾンビにも物怖じせず
最初の印象からクールな子なのだと思いきや
その後の展開でノリの良さを見せている。
小野葉、かなり可愛いです。
個人的な趣味です。


ゾンビの詩音の食事シーンもあるのだが
食べているものはチキンナゲット。
ゾンビになってからは無性に脂ものが食べたくなったそうだ。

妊婦がフライドポテトを無性に食べたがるのは
味の濃いものを食べて水分摂取を促しているとのこと。
ゾンビも同じ理由で水分摂取を求めているのだろうと語られている。

詩音は後天的にゾンビになった。
ゾンビになると味の濃いものを欲しがる。

味の薄いものを欲しがる私はゾンビではないですね。
むしろ最近はチキンナゲットのような脂モノが苦手になりつつあります。

揚げ物が食べたくなってスーパーで購入しても
スチームオーブンレンジで脂を出来る限り飛ばしてから食べている。
自分が何で揚げ物を食べたくなったのか疑問に思うこともしばしば。

週に1回くらいは贅沢をしようと思っており
1週間のどこかで秋葉原に漫画を買いに行ったときに
秋葉原でそのまま夕食も食べている。
そのときは味の濃さや脂の量は気にせず
気ままに食事を楽しんでいます。

1週間に1回くらいは思いっきり美味しいものを食べたいですね。
自分で自分に贈るご褒美ご飯。
次回はそういう作品をご紹介。


検索用ワード:ギャグ コメディ ゾンビ 青春 ラブコメ 学園 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ギャグ コメディ ゾンビ 青春 ラブコメ 学園

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レスト

Author:レスト
マンガオタクによるマンガ紹介ブログ

持っているマンガを少しずつ紹介していきます。

当ブログはリンクフリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内を検索
Amazonで検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乳首コレクション
当ブログで紹介した画像から乳首描写のあるものをピックアップ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。