FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サスペンス] 女子高生に殺されたい 古屋兎丸(著) ①

IMG_4389.jpg

オートアサシノフィリア。
自分が殺されることに性的興奮を覚える性的嗜好。
東山 春人(ひがしやま はると)がその言葉を知ったのは高校生の頃。
春人はその言葉の存在に救われたのだった。

幼少から放任で育てられた春人は
親に頼らずに生きていくクセがついてしまった。
女の子に関しては奥手で高校になっても彼女はできなかった。
高2の始め頃、可愛い女の子を見る度に変な感情に襲われるようになった。
この子に……、この子に殺されたい……と。

細い腕がぶるぶると震え、春人の首を絞める。
そんな妄想を繰り広げて、春人は性的興奮を得ていた。
変態だ。
春人は自分の欲望に悶え、苦しむ。
そんな時に知った言葉、オートアサシノフィリア。
春人の欲望には名前がある。
名前があるなら他にも苦しんでいる人がいる筈だ。

しかし、何故春人はそんな歪んだ欲望を持つに至ったのか。
大きなトラウマも事故も、春人の経験には存在しない。

春人は自分の心理に興味を持ち、心理学研究科へと進路を決めた。

大学生になっても春人の欲望は続く。
そのターゲットは明確に、女子高生に向けられた。

大学、大学院も卒業し、臨床心理士になるため
病院の精神科に実地研修に入った。

その矢先、春人は気が変わり、高校教師になることに決めた。
女子高生に殺されるという夢を叶えるために。

地理・歴史・公民の中高一種免許を取り、最初は違う学校へ赴任したが
上位高である二鷹高校への異動を希望し、3年前に赴任してきた。

IMG_4459.jpg


IMG_4462.jpg

生徒からの信頼も厚く、優しくイイ先生として人気のある春人。
クラブ活動「二鷹の遺跡研究クラブ」をつくり、顧問として活動もしている。
人が少なく活動もゆるやかではあるが
生徒たちと仲睦まじく活動をしていた。

そして、ついに意中の女子高生を見つけた。
1年3組、二鷹の遺跡研究クラブに所属する女子高生・佐々木 真帆(ささき まほ)。
この佐々木真帆に……殺されたい。

IMG_4466.jpg

春人は真帆に殺されるために計画を進めはじめた――。


登場人物それぞれの想いや抱える悩みが絡み合う模様がドキドキさせられる。
それぞれの心理描写が現実味に溢れ、細かく描写されている。
そのため作品の雰囲気が生々しく伝わってきます。
作風も作品の雰囲気に見合っているのがいいですね。

春人が真帆に殺される日時を計画の上で決めているのだが
何故そこまで具体的に計画できるのか。
本当に真帆に殺されることができるのか。
計画の全容も含め、非常に興味が尽きない。

2巻で完結するこの作品。
春人が用意周到に進めた完璧な計画が
綻びを見せていくと、予告に綴られている。
続きが楽しみです。

殺されたいという歪んだ願望。
自身の欲望を叶えるために、他者の手を汚してしまう。
生徒に優しくある春人、欲望のために生徒を利用する春人。
一体、どちらが真の姿なのだろうか――。


私はどうやって死ぬのだろうか。
何で死にたいだろう。

長く苦しむような死に方は正直御免である。
周囲に迷惑をかける死に方も御免だ。

まだまだ続きが読みたい漫画がありますので
まだまだ死ぬこと自体が御免である。

今は死んでも死にきれない。
ゾンビになってでも漫画を読みたい。

自虐ネタで笑いを取ろうとする私のこと
ゾンビになったら、ゾンビをネタにして必死に笑いを取りにいくだろう。
次回はそういう作品をご紹介。


検索用ワード:サスペンス 学園 病気 心理学
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: サスペンス 学園 病気 心理学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レスト

Author:レスト
マンガオタクによるマンガ紹介ブログ

持っているマンガを少しずつ紹介していきます。

当ブログはリンクフリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内を検索
Amazonで検索
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乳首コレクション
当ブログで紹介した画像から乳首描写のあるものをピックアップ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。