FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[恋愛] 湯河原くんは大山田男子高校でモテる方法を考えていたが 内乃秋也(著) ①

IMG_4243.jpg

ドラマ化もした「なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?」の
内乃秋也先生が放つ作品。
前作よりも更に長いタイトル。
この調子で伸びていったら
ブログの記事タイトル欄に収まるか心配になってきます。

「あ…あの…ずっと前から好きでした!!付き合ってください!!」
湯河原 一樹(ゆがわら かずき)の身に信じられないことが起きた。
とても可愛い子に生まれて初めて告白されたのである。

しかしたった1つだけ問題がある。
ここは県立大山田高等学校…男子校だ。

湯河原は当然『男』。
告白してきた櫻田 優(さくらだ ゆう)も当然『男』。
女と見紛うほどに可愛いのだが、やはり男。
念のため性別の確認をしたのだが、やはり男。

IMG_4275.jpg

別に話したこともなく、学年も下の後輩の櫻田。
好かれるような機会もないのではと訝しむ湯河原に
櫻田は好意をもったきっかけを話した。
体育祭の実行委員会のとき、湯河原の後ろ姿に見惚れた櫻田。
実際に喋ってみて男気があって格好いいと思うようになったのだった。

恥ずかしいような、悲しいような
いたたまれない気持ちになる湯河原。
女に恵まれずに男に走るのなら、まだ理解は可能だが
櫻田は他校の女がわざわざ見に来るほどに女に人気があり、女との交流もある。
一方、湯河原は全く女に恵まれていない。

櫻田と付き合うつもりはない。
でも、櫻田のことを気にせずにはいられない。
それもこれも、女っ気のない生活を送っているからだ。

IMG_4279.jpg

湯河原は合コンを開くために、女を呼んで欲しいとクラスメイトに頼み込んだ。
そこ湧いて出た櫻田。
どういうつもりか櫻田が女の子を呼んでくれることになった。
「その方が燃えますから」
不敵に笑う櫻田。

合コン当日。
湯河原は本物の女に興奮しきり。
櫻田のことを可愛いと思っていたが、やはり本物の女は別格だと思っていた。
カラオケ。
王様ゲーム。
1対1で女の子と会話をしてアドレスもゲットした。
一緒に遊ぶに行かないかとも誘われた。
大満足の湯河原。

軽い足取りで櫻田と一緒に帰る。
すると、櫻田が湯河原のことを嘲笑しはじめた。
「やっぱり先輩ってモテないですね」
櫻田は女の子たちから、一樹が全然喋らなくてツマラナイ男だと
感想を受け取っていたのであった。

湯河原は女に幻想を持ちすぎている。
女の中身の汚さを知らない。
生物として男とは相容れない存在だ。
櫻田は諭すように湯河原に言葉をぶつけた。

それでも女がいい。
考えを捻じ曲げない湯河原に
櫻田は完全に女の装いをした自身の姿を見せつける。

可愛さに更に磨きのかかった櫻田に、湯河原の心はときめく。

大好きだと擦り寄る櫻田。
そこには少しだけ受け入れてきている湯河原がいた。
実際に櫻田と付き合う姿を想像する。
どこまでの関係をもつことができるのか。
キスくらいならいけるんじゃないだろうか。

湯河原の想像を見透かし方のように
櫻田は「………いいですよ…」と告げ、目を瞑る。

だめだ、だめだ。
湯河原は自分に言い聞かせながら
理性で本能を抑えようとするのだが――。

櫻田に引き寄せられるように足が動き
その唇に吸い寄せられるように、2人の顔はちかづいていく。

心臓がはち切れそうな程に激しく鼓動する。
もう、このまま――。

「あっ、もうこんな時間だ――帰らないと」
接触を妨げたのは意外にも櫻田の意志であった。

がっくりと倒れ込む湯河原に、櫻田は告げた。
今は女がダメだから自分に振り向いたに過ぎない。
女にモテない人とは付き合いたくない。
「僕が嫉妬するぐらいモテる男になって下さい、先輩。
そしたら…今日の…続きしましょう??」

IMG_4283.jpg

櫻田のムカつく発言に憤りながらも
絶対モテる男になってやると心に誓う湯河原であった。


前作よりに更に突飛な要素を付け加えたモテない男子の奮闘劇。
女性にモテるように頑張る湯河原の目標が
オトコノ娘の櫻田と付き合うことという
元も子もないような感じが面白く、興味をそそられる。

いつのまにか追われる側から追う側になっている。
モテる男になるために色々と考えるものの上手くいかず
結局、櫻田から助言を得ながらモテ街道を進んでいく。
湯河原が自分の意志で進んでいるようで
櫻田の手の平で踊っているように見える所が愉快です。
男女問わず可愛い子と繋がりをもつあたり、羨ましさも感じます。

女の全てを悟っているかのように話す櫻田。
このまま湯河原がモテ男になったとき
それでも櫻田に振り向かせるだけの絶対の自信があるようにみえる。
モテ男になったとき、女の存在が疎ましくなるのは必然なのか。
モテたことのない私には到底想像もつかない。
それだけにこれからの展開に胸が膨らみます。


女性とは良く分からないものです。
私の数少ない男女交際の中でも、そういったものがあります。

男性の好みが「優しい人」だと話していた女性と付き合うことになり
優しさ全開で交際をしていたら、突然「優しすぎる」と言われてフラれました。
どうしたら良かったんでしょうか。
強引に肉体関係を迫れば良かったのでしょうか。

どうしたら良かったのか。

答えが気になった人は是非そういった女性と付き合ったときに
実証してみてください。
但し、優しすぎるとフラれます。

決してマネしないでください。
気になったことは試してみる。調べてみる。
学問の基本ですね。
次回はそういう作品をご紹介。


検索用ワード:恋愛 青春 ラブコメ TS BL 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 恋愛 青春 ラブコメ TS BL

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レスト

Author:レスト
マンガオタクによるマンガ紹介ブログ

持っているマンガを少しずつ紹介していきます。

当ブログはリンクフリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内を検索
Amazonで検索
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乳首コレクション
当ブログで紹介した画像から乳首描写のあるものをピックアップ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。