スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[バトル] ぼっちマン 榊原宗々(著) 全2巻

IMG_1692.jpg

小さい頃はテレビで見たようなヒーローになりたかった。
でも、現実は違って、主人公・田辺 涼(たなべ りょう)はあらゆるものから目を背けひきこもりになってしまった。

昔から霊が見え、霊に憑りつかれやすい霊媒体質だった。
中学の遠足の時、神社で狐に憑りつかれクラスメイトに怪我を負わせてしまった。
それがきっかけとなり、田辺は病んでいるという意味でヤミナベと仇名された。

自室にひきこもっていた田辺の元に、差出人不明のメールが届く。
メールに誘われるように家を出た田辺の眼前に広がっていた景色は、瓦礫にまみれ崩壊した世界。
生きている人の姿は見えなかった。彼に見える人影は幽霊ばかり。

そこにいた幽霊・西園 結花(にしぞの ゆいか)。
田辺と同い年で、腹違いの妹であり、田辺がひきこもる原因になった女。

IMG_1701.jpg

幽霊の姿が見え、声も聞こえる田辺は西園に事の経緯を尋ねるが
一瞬の出来事とのことで、あまり要領を得ない。

生きている人間を探しに行く田辺とそれに付いていく西園。

そこで田辺は1人の人影を見つけたのだが
ガスマスクにローブを羽織ったその人間から、突然攻撃を受ける。
一時は逃げ惑う田辺ではあったが、足を怪我したことで精根が尽き、生きることを諦めた。

逃げてばかりの後ろ向きな性格が許せない西園は苛立ちながら田辺の肉体に重なり憑依した。
2つの人格、2つの記憶が宿った田辺の肉体。
すると、田辺の戦闘力が桁違いに上昇してガスマスク男の撃退に成功した。

IMG_1704.jpg

しかしその後、ガスマスクの集団に襲われ、連れ去られてしまったのだった。

彼らの正体は触覚を生やした月の民。
地球は元々我々のモノだと語る彼らにより、地球人を対象にした実験が行われていたのだが
成果がなかなか出ないことから計画がリセットされてしまったのだ。
田辺以外の地球上全てのヒトを抹消するという形で。

IMG_1706.jpg


実験サンプルとされた田辺。
虚勢を張る元気もなくなり、自暴自棄になっていく。
そんな田辺の唯一の癒しとなったのが、彼の給仕係りとなったニノだった。
ウサギのような白い触覚を生やしたニノ。上の命令に逆らうことのできないニノ。
次第に、田辺はニノに思いを寄せるようになった。

しかし、とあることがきっかけとなり、田辺は立ち上がった。
ヒーローになるために――。


地球上にたった1人になってしまったという状況で
それでも自分の気持ちに素直になり、ヒーローとして立ち上がることの出来る彼に敬服である。
自分がこのような状況に陥ったとしたら、実験を行う彼らの言いなりになってしまうことだろう。

おそらく田辺の部屋の中は無事なのだろうから、私の部屋も無事と考え
漫画とフィギュア、抱き枕、タペストリーなどのオタクグッズの持ち込みだけは何とか許可してもらいたい。
そうでなければ貴重な実験サンプルである私が早死にします。

気の強い西園結花とロリ可愛いニノ。
ぼっちとは言いつつも、羨ましいほど女性との交流がある。
地球中に人が溢れていたときよりも、地球人が自分だけになったときに交流があり
それらのためにヒーローとして立ち上がるというのは、なんとも皮肉なものである。

たった1人で彼がどのように戦っていくのか。
失われたものを取り戻すことができるのか。
そして何より、彼の敵とされる月の民を打ち破ったとして
彼がどのようにこれからの人生を過ごすのか、興味のつきない作品です。

ちなみに、この「ぼっちマン」は2014年8月31日までキャンペーン中であり
個人用防音壁だんぼっちとコラボ
さらに富士急ハイランドのフリーパス招待券が当たるキャンペーンをしている。
フリーパスは抽選でおひとり様20名のプレゼント。
当たっても1人で行く勇気はありませんので申し込みません。
恋人のいる漫画好きに当たればいいよ。
だが、独り身の私と恋人のいる貴方。
『ぼっちマン』をより楽しめるのはどちらかな……?


私はぼっちに耐えることはできない。
せめてペットでもいれば多少は耐えることができるかもしれない。
しかし、私のアパートはペット禁止。詰んでいる。
よくよく契約書を読むと、小動物は許可を得れば飼うことができるようだ。
最近では珍獣と呼ばれるような様々な小動物を飼うことができる。

以前、モモンガがキーボードを叩くCMを見てからモモンガが好きになった。
モモンガを飼いたくなったのだが、モモンガをケージの中に閉じ込めておくのは可哀相な気がしなくもない。
2次元キャラに恋焦がれる私。モモンガが好きな私。
もしかしたら大きな目が好きなのかもしれない。

ならばオオミユビトビネズミはどうだろう。
こぼれるような大きな目に、とても長い尾っぽ。優しい性格で飼育もしやすい。
基本的に夜行性のため、日中は仕事に出かけている私でも安心だ。
次回はそういう作品をご紹介。


検索用ワード:バトル オカルト ロリ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: バトル オカルト ロリ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レスト

Author:レスト
マンガオタクによるマンガ紹介ブログ

持っているマンガを少しずつ紹介していきます。

当ブログはリンクフリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内を検索
Amazonで検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乳首コレクション
当ブログで紹介した画像から乳首描写のあるものをピックアップ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。